自律神経のひとつである交感神経は、相反する働きをする副交感神経とバランスをとりながら、各臓器や血管、分泌腺の働きを調整している。交感神経は起床時から活発化して、心拍数や血圧を上げる一方、消化器官の働きを抑制するなど、体が活動しやすい状態になるように働く。緊張やストレスなどが長引くと、交感神経が優位になりすぎて体にさまざまな不調があらわれる。