脊椎(背骨)の中心を通る脊柱管の中にある神経の道すじで、脳の下端から背骨の下方までのびている。脳とあわせて中枢神経系と呼ばれ、脳と体の各部との間での情報のやりとりを運ぶ重要な役割をもつ。脳からの命令を体の各部に伝えると同時に、体の各部からの情報を脳へ伝える。また、熱いものに触ったとき思わず手を離すなどの反応は脊髄反射といわれ、脳を介さずに行われる。ケガなどで脊髄が傷つくと、損傷の程度によるが、運動機能や感覚機能が失われることがある。