お尻にある大きな筋肉。骨盤のうしろから太腿(ふともも)の横までのびていて、上半身を支えるとともに、上半身と下半身をつなぐ役割をしている。主に立ったり歩いたりするときに、骨盤の前側にある腸腰筋(ちょうようきん)と協力して働き、腸腰筋がももを上げ、大殿筋がももをうしろに引っ張るように働く。また、前に傾こうとする上半身をうしろに引き上げたり、骨盤がぐらつかないように保護する働きもしている。