ものごとのとらえ方(認知)のゆがみから、不快な感情や不適切な行動が起こるという考え方のもとに行う心理療法。偏った認知を修正し、現実的でバランスがとれた考え方に変えていく「認知療法」と、行動パターンを改めて問題解決能力を高めていく「行動療法」を組み合わせたもの。自分の考え方を変えていくことで、感情や行動をコントロールできることをクライアント自身が気づくように促していく。うつ病や不安障害などの治療に用いられている。