うつ病は、脳内神経伝達物質セロトニンとノルアドレナリンの欠乏が原因で引き起こされると考えられており、これらの物質を増加させることで、うつ状態の軽減を図る薬が抗うつ薬。新しいタイプの抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とSNRI(セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は、セロトニンとノルアドレナリンがかかわる神経系にのみ作用するため、従来の薬に比べて副作用が少ないとされる。