ドームのような薄い膜状の筋肉で、肺の下、胃の上あたりに位置して胸部と腹部を隔てている。腹式呼吸のことを「横隔膜呼吸」ともいうように、横隔膜が上下することで呼吸を助ける働きをしている。息を吸うときは横隔膜が収縮して下がることで肺に空気が流れ込み、息を吐くときには、横隔膜が上に上がって肺を縮め、肺から空気が出る。横隔膜が痙攣(けいれん)すると「しゃっくり」を起こす。