肝臓でつくられる消化液の一種で、いったん胆のうで蓄えられ濃縮されてから十二指腸へ送られる。水分、胆汁酸、ビリルビン、コレステロールなどで構成され、脂質の消化・吸収を助ける働きをする。肝機能が低下すると胆汁の流れが悪くなって、脂質の消化・吸収に支障をきたすこともある。