胆汁の通り道にできる結石のことで、できる場所によって肝内結石、胆管結石、胆のう結石がある。石の構成成分からコレステロール石、ビリルビンカルシウム石、黒色石に分類される。コレステロール石は、コレステロールが増加して胆汁中で結晶化したもの。日本では食生活の欧米化や高齢化によって胆石をもつ人が増えている。激しい右上腹部痛が特徴的な症状。