全身のあらゆる組織に含まれる繊維状のたんぱく質で、人間の体内のたんぱく質の約30%を占める。皮膚や腱(けん)、骨、軟骨、血管などに多く含まれ、細胞と細胞をつなぎとめる働きをしている。もともと体内で分解・合成されるが、加齢とともに合成が分解に追いつかなくなって減少したり、紫外線や喫煙などによりその働きを失うことで、皮膚や血管の弾力性が失われたり、軟骨がすり減ったりする。