正確にはビタミンではないが、体内でビタミンと同じような働きをする物質(ビタミン様物質)の一つ。キャベツから発見されたためキャベジンとも呼ばれる。胃酸の分泌を抑え、たんぱく質の生成を活発にして胃腸の粘膜の保護・修復を促し、胃・十二指腸かいようを予防・改善する。キャベツ、レタス、セロリ、パセリ、青のり、牛乳、卵などに含まれるが、熱に弱いため、加熱のしすぎには注意が必要。