人、動物、植物、土、水など、自然界のあらゆるところに生息する常在細菌の一つ。傷口に感染したときの膿(うみ)の色がしばしば緑色であることから名づけられた。健康な人なら感染症を引き起こすことはほとんどないが、体の抵抗力が低下した人では肺炎や尿路感染症などを引き起こすことがある。最近流行のネイルアートで、つけ爪をずっと付けていたときなどに、つけ爪の間に繁殖して爪が緑色になる(グリーンネイル)原因菌でもある。