日本動脈硬化学会は2007年、コレステロールや中性脂肪の異常を診断する基準を改訂し、高脂血症という病名を脂質異常症に変更した。以前は総コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、中性脂肪のいずれかが高い場合を高脂血症と言ったが、総コレステロールを診断基準から除外し、HDL(善玉)コレステロールが低いことを新たな基準に加えた。そこで、HDLコレステロールが低い場合に「高脂血症」と呼ぶのは適切でないとして改められた。脂質異常の状態がつづくと、動脈硬化を起こすリスクが高まる。