子宮の壁(筋層)にある細胞が増殖してできる良性の腫瘍で、成人女性の4人に1人はもっているといわれる。大きさは米粒大から成人の頭の大きさまでさまざまで、複数個ある人がほとんど。症状は月経血が多い、月経痛や下腹部痛、貧血、頻尿、便秘、腰痛などさまざまだが、日常生活に支障がなければ経過観察をする程度でよい。支障をきたす場合は鎮痛剤、造血剤、女性ホルモンの分泌を抑える薬などを使用する。筋腫が一定の大きさを超えたり、不妊症や流産の原因になるときには摘出手術を行う。