製薬会社が新しく開発した薬を医薬品として使用・販売するためには、事前に厚生労働省に安全性と薬効を裏づける資料を提出して承認を得なければならない。そのために人を対象に行う、治療を兼ねた臨床試験を治験という。治験は動物実験で薬の効果や安全性が確認された後に、少人数の健康な人、少人数の患者、大勢の患者の順で行われる。