Computed Tomography(コンピューター断層撮影)の略称。主にX線を用いて得られたデータをコンピューターで解析、断層画像を合成するもの。ヘリカルCTやマルチスライスCTの出現により三次元データの収集が容易になり、高精細な三次元画像が作成できるようになったことで、骨などの病変のほか、より小さな脳血管障害、動脈瘤、各種がんの腫瘍などが発見しやすくなった。