ビタミンA、E、D、Kなど、油に溶けやすい性質をもったビタミン類のこと。油と一緒にとることで吸収率が高まるため、炒め物など、油を使った調理法がすすめられる。水溶性ビタミンに比べると、熱による損失は比較的少ない。摂取後しばらくは体内の肝臓や脂肪組織などに貯蔵されるため、とりすぎると過剰症をおこす恐れがある。