歯と歯ぐきの間には通常でも深さ1〜2mm程度の歯肉溝という溝があり、ここにプラーク(歯垢=しこう)がたまると歯周病菌が繁殖して感染をおこす。感染によって歯肉に炎症が生じ溝が深くなった状態を歯周ポケットという。たまった歯垢は石灰化して歯石となり、その上にまた歯垢がたまって溝がさらに深くなるという悪循環に陥りやすいため、できるだけ早く歯垢や歯石を取り除くことが大切。そのため、歯科医による定期的なチェックと歯石除去および口腔ケアの指導を受ける必要がある。