腕や脚の付け根の部分に専用のベルトをつけて適正な圧力をかけ、血流を適度に制限した状態で行うトレーニングのこと。少ない負荷で大きな効果が得られるとされている。その仕組みは、血流が制限されたために筋肉への酸素の供給が不足し、激しい運動をしたときと同じように疲労物質である乳酸がたまる。乳酸により成長ホルモンの分泌が促進され、筋肉の成長を促し体脂肪を分解するというもの。重要なのは適正な圧力をかけることで、素人判断で行うのは大変危険である。必ず専門の指導者の下で行うこと。