肥満度を表すボディマス指数(Body Mass Index)の頭文字をとったもので、体格指数ともいう。BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められる。この計算式は世界共通だが、肥満の判定基準は国によって異なり、わが国では日本肥満学会が、BMI 22を「標準」、25以上を「肥満」、18.5未満を「やせ」としている。疫学調査の結果、最も病気になりにくかった数値22を標準値に採用した。身長と体重だけで簡単に導き出せるため、指標としてよく用いられるが、内臓肥満は数値に表れにくいなどの限界もある。