1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸の一種で、スイカやゴーヤ(ニガウリ)などウリ科の野菜に比較的多く含まれる。血管を健康に保つ働きをする一酸化窒素(NO)の生成を高めることから、血管を拡張して血流を改善し、動脈硬化を予防したり、疲労回復、冷え症やむくみの改善などの効果が認められる。ほかにも皮膚の保湿効果を高めたり、筋力増強などの効果も期待されている。日本では2007年からサプリメントなどの食品素材としての使用が認可された。