2種類ある汗腺のうちの一つで、わきの下や性器の周囲、耳の中など限られた部位に分布する大きな汗腺。アポクリン腺から出る汗は、たんぱく質や脂肪、糖質、鉄分などを含んで粘り気があり、皮膚の常在菌を繁殖させやすく、わきが臭の原因になる。においの強さはアポクリン腺の大きさや数で異なり、アポクリン腺の数の多い人がわきが体質になりやすい。アポクリン腺は思春期のころに大きく活発になり、異性をひきつけるにおいを出す働きをすると考えられている。