牛乳に含まれる糖質である乳糖の消化酵素(ラクターゼ)の活性が弱いために、乳糖を消化できない状態。牛乳を飲んだ後に腹部膨満(ぼうまん)感や腹痛をおこしたり、おなかがごろごろ鳴ったり、下痢をおこしたりする。昔の日本のように大人が牛乳を大量に飲む習慣がない民族では、消化酵素の活性が成長とともに低下し、乳糖を消化しにくくなる人が多い。ヨーグルトやナチュラルチーズは、微生物の働きによって乳糖の一部が分解されているため、乳糖不耐症の人でも問題なく食べられることが多い。また、あらかじめ乳糖を分解した牛乳も市販されている。