熱が高いときに解熱剤を処方し、下痢には整腸剤や下痢止めを処方するといったように、何らかの不快な症状に対し、症状を一時的に和らげようとする治療法のこと。病気そのものを治したり、根本的な原因を取り除こうとする治療は原因治療という。一般的に治療は原因治療と対症療法を組み合わせて行うが、原因がはっきりしていないことで治療法が確立されていない病気や緩和医療では、対症療法が中心となる。