血液に含まれる赤血球の赤色素で、主に鉄とたんぱく質からできている。肺で取り入れた酸素を体のすみずみに運び、細胞から二酸化炭素を受け取って肺に運ぶという重要なはたらきをしている。体内の鉄分が不足するとヘモグロビンが十分作り出せなくなり、体が酸欠状態になるのが鉄欠乏性の貧血である。動悸(どうき)や息切れ、めまいといった貧血の症状は、体が酸素を補おうとして血液の循環を早めたり、呼吸運動を盛んにしたりすることでおこる。