体の細胞が血液中のブドウ糖をエネルギー源として利用したり、脂肪にして蓄えるために重要なはたらきをするホルモンで、膵臓のランゲルハンス島という細胞から分泌される。健康な人の場合、1日中ほぼ一定量の分泌があり、それ以外に、食後に血糖値が上がったときに大量に分泌される。インスリンの分泌がないまたは不足する、あるいは働きが悪いことによって、ブドウ糖がエネルギーとして利用されず、血糖値が高いままになり、体に支障をおこす病気が糖尿病である。