糖類を発酵させて乳酸をつくる細菌の総称で、乳酸桿菌(かんきん)、ビフィズス菌、乳酸球菌などがある。小腸や大腸に棲みついて体によい働きをするため、善玉菌と呼ばれる。腸内に乳酸菌が増えると、便秘や下痢の予防、血中コレステロール上昇や高血圧の抑制、かぜやがん、アレルギー予防などの効果があるといわれる。乳酸菌の豊富な食品には、ヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズなどのほか、キムチ、ぬかづけ、ピクルスなどがある。