レーザー光線を角膜に照射して削り、近視や遠視、乱視などの屈折異常を矯正する手術の一種。角膜の表面を薄くスライスし、完全には切り離さないフラップという扉状にしておき、角膜を削った後これをかぶせる。このため、それまでの屈折矯正手術よりも術後の痛みが軽減され、多くの場合、手術翌日から視力の回復がみられるのが特徴。一方、手術の失敗、術後感染症や乱視が発生するなど合併症のリスクもある。また、日本では健康保険は適応されない。