頭痛薬を服用し続けているうちに服用回数や量が増え、かえってそれが原因でおこる頭痛のこと。薬剤誘発頭痛ともいう。頭痛薬の常用で脳が痛みに敏感になることなどが原因。薬の効果が切れると痛みが増強するため、さらに薬を飲むという悪循環に陥りやすく、市販薬だけでなく医師が処方する薬によってもおこり得る。治療は、まず原因の頭痛薬を中止し、中止した後におこる頭痛に対応する。予防のため、服用は月10回以内に抑える必要がある。