血液中の薬成分の濃度のこと。薬の血中濃度といわれることも多い。血中濃度が一定の値に達するまで薬の効果はあらわれず、ある値を超えると副作用がおこりやすくなる。薬が有効に作用し、かつ副作用も出ない血中濃度を有効血中濃度といい、この濃度を保つのに最適な服薬量と服薬回数が定められる。 薬を飲むと、成分が小腸で吸収され、肝臓で一部が分解されて残りの成分が血液中に入って全身を回り、最後は腎臓でろ過されて体外へ排出される。そのため、体の機能が低下する高齢者、肝臓や腎臓に障害のある人などは血中濃度が上がりやすい。