Evidence-based medicineの略語で、「科学的根拠に基づく医療」と訳される。evidenceとは根拠のことだが、医療の現場で「エビデンス」というときは、科学的根拠、つまり人を対象に行われた臨床研究から得られた信頼性の高い結果や情報をいう。EBMでは科学的根拠を把握した上で、一人ひとりの患者の状況と希望を考慮した治療が選択される。