加齢などによって柔軟性が低下した肩関節周囲の組織が傷ついて炎症を生じ、肩の痛みや運動制限をおこした状態。医学的には肩関節周囲炎といい、40代から50代にかけて多くみられる。突然の激痛から発症することが多く、腕を上げたり手を後ろに回す動作ができにくくなる。症状は半年から1年半ほど続き、自然に治まっていくが、痛いからと長期間肩を動かさないでいると、肩関節周囲の組織がかたくなって動きが悪くなってしまう。このため、ひどい痛みのある急性期をすぎたら、無理のない範囲で肩関節を動かす必要がある。