卵子と精子は卵管で結合して受精卵となり、細胞分裂を繰り返しながら子宮へと進んで子宮内膜に入り込む(着床する)。そこで妊娠が成立するのが正常だが、受精卵が子宮以外の場所に着床することがあり、これを子宮外妊娠という。卵管内で着床する場合がほとんどで、卵管が狭いなどの理由でおこる。受精卵がある程度育つと卵管の細さに耐え切れず流産したり、卵管が破裂して大出血をおこすことがある。妊娠検査薬で陽性と出ても超音波検査で子宮内の妊娠が確認できない場合は、子宮外妊娠が疑われる。