結核に感染したかどうかを知る検査法の一つ。結核菌の培養液から分離精製した物質(ツベルクリン)を皮膚に注射して48時間後にあらわれる発赤(ほっせき)やしこりの大きさから陽性、陰性を判定する。陰性の場合は未感染と考え、免疫をつくるためBCGが接種される。陽性ならば、結核感染やBCG接種によって免疫が得られたと考える。しかし、結核菌に似た菌によって陽性になったり、結核感染後4〜6週間以内は陰性になることがあるため、ツベルクリン反応だけで結核感染を判断することはできない。