心臓の筋肉(心筋)には、心臓に巻きつくように走っている冠動脈によって血液が運ばれているが、この冠動脈が動脈硬化などによって細くなると心筋への血液の流れが悪くなる。その結果心臓が酸欠状態になり、胸が苦しくなる病気が狭心症である。症状は、左胸から左肩にかけての締めつけられるような痛み、息苦しさなどだが、無症状のこともある。脂質異常症や高血圧、糖尿病などが危険因子となり、階段を上ったり重い物をもったりして心臓に負担がかかったときにおこりやすい。