乳汁を作る組織と乳汁を乳頭まで運ぶ管からできている組織で、胸の筋肉と皮膚の間に脂肪組織とともに存在して成熟期の女性の乳房を形作っている。乳腺は20代をピークに次第に退化し、加齢とともに脂肪組織が増えていく。乳腺にできる悪性の病気の代表的なものが乳がんで、日本人の女性がかかるがんの中で最も多い。良性の病気には、30〜40代の女性に多い乳腺症、20〜30代の女性に多い乳腺線維腺腫などがある。