目を正面から見たときの、眼球の奥のほうをさす言葉で、硝子体(しょうしたい)、網膜、脈絡膜(みゃくらくまく)、視神経乳頭などの総称。眼底は体の中で唯一血管を直接観察できる部位であるため、網膜症や緑内障などの眼の病気のほかに、動脈硬化の程度や、糖尿病や高血圧などから生じる全身の血管の変化を把握することができる。そのため、健診や人間ドックでは眼底検査が取り入れられるようになった。検査には写真による検査と、医師が直接目で見る検査がある。