眼球内の圧力のことで、眼球に一定のはりを与え形を保っている。眼球内では房水(ぼうすい)という液体が循環して組織に栄養を運ぶとともに、眼圧を一定に保つ働きをしているが、房水が過剰に作られたり排出が滞ったりすると、房水が増えすぎて眼圧が高くなる。高すぎる眼圧で視神経が圧迫されて傷つき、視野が狭くなっていく病気が緑内障であるが、日本人には、正常な眼圧でも視神経が傷ついて緑内障を発症する「正常眼圧緑内障」が多い。