眼球から取り入れた情報を脳へと伝える神経。ものを見るメカニズムは、まず光が角膜と水晶体を通過し、硝子体(しょうしたい)という透明な組織を通って網膜に達する。網膜で明暗や形、色などの情報が感知されると、情報は電気信号に変換され、視神経を通って脳に伝わる。その情報を脳が映像化し、はじめて「ものを見る」ことが可能になる。緑内障は、視神経が傷ついて視野障害をおこす病気で、視神経は一度傷つくと再生しないため、早期発見が重要である。