目に直接たらして用いる液状の薬で、内服薬や注射に比べ副作用が少ないといわれる。細菌やウイルスを抑える、炎症・アレルギーを抑える、眼圧を下げるなど、さまざまな目的の薬がある。薬剤が雑菌で汚染されないように、使用前には手を石けんできれいに洗い、まぶたやまつげに触れないように点眼する。必要以上に点眼したり、まばたきをすると、薬剤が鼻から体内に入りこみ、副作用をおこすことがある。1滴のみ点眼し、点眼後は目を閉じて目頭を軽く押さえると鼻への流入を防ぐことができる。