感染症の予防のために、人や動物に接種して免疫をつくらせる医薬品のこと。感染症をおこす病原体の毒性を取り除いたり弱めたりしたもので、接種することで体内に抗体が作られる。この後に本物の病原体が侵入したときには免疫反応が働き、病原体を撃退するので発病しなくてすむか、発病しても軽くてすむ。このように、予防のためにあらかじめワクチンを接種することを「予防接種」という。