ある病気が原因でおこってくる別の病気、病変をいう。たとえば、糖尿病では高血糖状態が続いて血管が傷つくため動脈硬化をおこしたり、高血糖状態を長い間放置して神経障害や腎症、網膜症などをおこすことがある。また、手術や治療が原因となって生じる病気や症状を「検査の合併症」、「術後合併症」と呼んでいる。たとえば消化管の手術後、腸がスムーズに動かなくなって食べ物やガスが通らなくなる腸閉塞をおこすことがある。