赤血球に含まれる成分であるヘモグロビン(Hb)にブドウ糖が結合したものをヘモグロビンA1cと呼ぶ。全ヘモグロビンのうち、このヘモグロビンA1cの占める割合(%)を血糖値の指標とする。過去1〜2カ月の血糖値の平均的な状態をあらわすとされる。余分なブドウ糖が多い(血糖値が高い)ほど結合量が増え、ヘモグロビンA1cが多くなる。4.3〜5.8%を正常値、6.5%以上を糖尿病域としている。