HIV(ヒト免疫不全ウイルス)による感染症で、後天性免疫不全症候群のこと。acquired immunodeficiency syndromeの頭文字をとってAIDS(エイズ)といっている。HIVに感染すると免疫機能が低下し、健康なときならかかりにくいカンジダ食道炎やカリニ肺炎などの感染症(日和見感染症:ひよりみかんせんしょう)などを発症しやすくなり、代表的な疾患を発症した時点でエイズ発症と診断される。HIVに感染しても数年から10年以上自覚症状のない時期が続き、この時期の早期に発見して治療することで、エイズの発症を予防したり遅らせることができるようになった。