筋肉の力の発揮方法をさす言葉で、等尺性筋収縮ともいう。たとえば壁を押す、手と手を押し合う、手と手を引っ張り合うなどのように、関節を動かさず、筋肉の長さを変えずに力を発揮させる運動のこと。特別な道具もいらないため、いつでもどこでも手軽にできる、筋肉痛になりにくい、関節への負担が少ないなどの利点がある。