骨盤の内側にある子宮や膀胱、尿道、直腸などの臓器を下から支えている部分で、筋肉(骨盤底筋群)や、靭帯(じんたい)、筋膜などの線維組織からできている。骨盤底が傷んだり緩んだりすると、支えきれなくなった臓器が下がってきて外へ出てくる骨盤臓器脱(性器脱)や、尿もれ(尿失禁)の原因になる。骨盤底は妊娠・出産によって損傷を受けやすく、それに加え加齢や運動不足などで筋力が衰えてくると、骨盤底にトラブルがおこりやすくなる。大きな損傷や神経の病気がない場合、骨盤底筋をきたえることでトラブルを減らすことができる。