玄米を0.5〜1mm発芽させたもの。玄米は白米に比べて栄養価が高いものの、炊くのに時間がかかり、炊き上がったものも白米に比べると硬く、豊富なミネラル類も吸収されにくいという特徴がある。この玄米をわずかに発芽させることで、白米と同じように軟らかく炊くことができ、ミネラル類の吸収もよくなる。さらに栄養価も高まり、なかでも発芽によって増加するアミノ酸の一種であるGABA(ギャバ)には、血圧を低下させる、中性脂肪を抑える、神経を鎮めるなどさまざまな効果が期待されている。