ブルーベリーやぶどうやなすの皮、紫いもなどに含まれる青紫の色素成分で、ポリフェノールの一種。ほかのポリフェノールと同様に活性酸素の発生を抑える抗酸化作用をもち、老化予防に効果があるとされる。また、目の疲労回復や視力回復効果があるほか、白内障の予防、肝機能の向上や高血圧予防にも効果が期待されている。