「健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格。生活習慣病の予防や健康維持・増進のために、医学や運動生理学の知識に基づいて、安全かつ効果的な運動を行うための運動プログラムを作成し、指導する専門家のこと。活躍の場はフィットネスクラブや健康増進センター、保健所、病院、老人保健施設、介護保険施設など。資格をとるには、養成講座などを受講し、認定試験に合格して登録を行う必要がある。