加齢や病気、障害などによって、日常生活や社会活動を自力で営むのに支障がある人に対し、その人らしい生活ができるように支援を行うこと。食事・入浴・移動・排せつなどの介助や、生活上の相談・助言などの必要な支援を行う。介護を必要とする人を社会全体で支えようという考えのもと、日本では2000年4月から介護保険制度が導入された。