鉄と結合するたんぱく質で、哺乳動物の乳に多く含まれる。唾液や涙、血液などにも含まれ、抗菌作用や抗炎症作用、免疫調整作用、抗がん作用などが認められている。とくに出産から3日以内の母乳に多く含まれ、細菌やウイルスから、抵抗力の弱い乳児を守る働きをしている。また、大腸菌やピロリ菌、歯周病菌などの生育を抑える一方で、善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助ける働きがある。